JOURNEY LOG

冬のお知らせ、雪虫が飛ぶ季節がやってきた。

f:id:yotsuba0229:20191006200918p:plain

北海道で生まれ育った人には馴染みがある「雪虫」。冬を知らせる妖精ともいわれています。北海道民雪虫が飛び始めたら、そろそろ雪が降るなと実感します。

雪虫ってなに?

f:id:yotsuba0229:20191008200913j:plain

写真は wikipediaからお借りしました。

 

雪虫とは、です。正式名はトドノネオオワタムシ。アブラムシの仲間で、5mm程度の虫です。お腹に白い綿のようなものがついて羽があるので飛びます。それが雪みたいに見えるのと、北海道では初雪が降る前に大量発生する為、雪虫が飛び始めたら、その後初雪が降ると言われています。

(過去に雪虫の大量発生から、どのくらいで初雪が降ったかの統計を取った事があるそうです。だいたい初雪までに20日前後だそうです。)

 

雪虫単為生殖(たんいせんしょく)です。単為生殖とは、オスがいなくても、メスだけで子供(卵)を産むことができる生殖法です。また雪虫は熱に弱い生き物で、人の体温でも死んでしまいます。

雪虫の一生を調べてみました。雪虫はトドマツの木でメスだけで増殖します。それが秋になるとヤチダモの木を求めて飛びます。その際に綿が生えた虫になるため雪虫と呼ばれています。

ヤチダモの木につくと、オスとメスの幼虫を産み、成長したオスとメスが交尾し卵を産みます。(この卵はメスしか産まれないらしい。)卵は春になると孵化して成長をしていきますが、6月頃ヤチダモの木の栄養がなくなるのでトドマツの木に向けて飛び、繁殖していきます。そしてトドマツの木で単為生殖として卵を産み続けて増え、10月ごろ雪虫としてヤチダモの木を目指して飛びます。

f:id:yotsuba0229:20191008210204j:plain

雪虫あるある

私は学生の頃北海道で過ごしたので、雪虫はとても嫌いな存在でした。

冬を知らせる妖精なんて思った事は一度もありません!!!笑

自転車通学だったため、大量の雪虫が制服にまとわり付きます。口を開けて自転車に乗ると口の中に入ったり、目に入ってきたりと毎朝テンションが下がってました。

制服に付いた雪虫は、なかなか取れなくて厄介な存在!潰れちゃうんですよね。白い綿が上手く取れません。

 

間もなく北海道は、雪虫が飛ぶ季節です。

雪虫と遭遇した時は、ゆっくり歩いたり、自転車に乗る際は口を開けないなど注意が必要ですね。

 

今日もありがとうございました。

 

↓参加しています。クリック願います。 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村