JOURNEY LOG

グランドスタッフは見た!涙涙のお子様ひとり旅

f:id:yotsuba0229:20191029185956p:plain

可愛い子には旅をさせよ!

皆さん、子供だけで飛行機に乗れる事をご存じですか?子供というと年齢幅が広いですが、6歳から保護者なしで一人で飛行機に乗る事が出来ます。

今回は国内線のお話をします。

国際線は国によって、子供のみの搭乗可能の年齢が異なったりします。

※ピーチ、ジェットスターなどLCCはこのサポートをしていません。

 

ジュニアパイロット(ANA、オリエンタルブリッジ)、キッズお出かけサポート(JAL)、スカイキッズ(スカイマーク)、エアドゥキッズ(エアドゥ)、ソラシドキッズ(ソラシドエア)、リトル☆コメット(スターフライヤー)、キッズドリームサポート(フジドリームエアライン)、キッズフライト(アイベックス)など、各航空会社は名称をつけて子供のひとり旅を全力でサポートしています!

                

各社共通はこちら

☘️5歳未満  

単独搭乗不可

🌸満6,7歳  

基本的に各航空会社にネットや電話でサポートの事前申し込みをし単独搭乗可能

🌼8歳-11歳  

申し込みなしでも単独搭乗可能(必要に応じてサポートを申し込んでも可)  

 

このサポートを利用される方は、長期休暇に遠方の祖父母に会いに行く子供が大半です。夏休み、冬休みは、お子様一人旅が多数います!

 

今日は、このお子様ひとり旅をサポートした時のお話を紹介します。

 

涙が止まらない!頑張って飛行機に乗った男の子

搭乗口で6歳の男の子のひとり旅をお手伝いした時の事。

見送りの人は、基本的にお子様1人に対し1人まで一緒に検査場を通過し搭乗口まで一緒に行くことが出来るんですが、搭乗口から飛行機に乗るまではグランドスタッフの仕事。機内に入ったらCAに引継ぎをします。

またお子様ひとり旅の人は一般のお客様よりも先に機内に入ります。

航空会社によっては、事前改札と同タイミングだったりそれよりも先だったりします。

f:id:yotsuba0229:20191101180355j:plain

その男の子は、今回初めて1人で飛行機に乗って、おじいちゃんの家に行くとのこと。

お見送りはお母さん。お子様ひとり旅を利用する方は、目印のバッチだったり書類を入れた用紙が入ったホルダーを首から下げるので、事前にお声掛けができます。その為、予め〇〇時に飛行機内へとご案内するので、それまでお手洗いやお買い物を済ましておくように伝えます。

私がその男の子にファーストコンタクトをした際は、明るくてやんちゃな子だと思いました。お母さんの前でふざけて遊んでいました。そうこうしているうちに、機内に案内する時間になりました。私は再度男の子に声を掛けます。

 

一緒に搭乗口を通過し、機内までの通路を歩きます。

「お母さんに行ってきますと手を振ろうか!」と私が伝えました。

 

その時です。

男の子の目に涙が!!!

 

急に淋しくなったのでしょうね。でも振り返ってお母さんに手を振った後、涙をぬぐい前を向いて機内へと進みます。

 

私がこの子のサポートをした時間はたった数分です。

でも、こうやって親離れしていくのかな?と感じる瞬間でした。

(私も泣きそうになった。)

 

CAに引継ぎをし、こうして男の子のひとり旅はスタートしたのです。

お母さんにも、涙を拭いて機内に入って行ったことをお伝えしました。

 

f:id:yotsuba0229:20190725194753p:plain

 

行先や休みの時期によっては、一便にお子様ひとり旅の人が10名以上乗っていたりします。ひとり旅の仲間多いと親の立場としても安心ですね。

 

また乗継ぎをする上級者ひとり旅の子供もいます。

乗継地の空港では、事務所で待ってもらったり、監視が出来るような個室で便の出発時刻まで待ってもらっています。時間に余裕があるグランドスタッフが一緒に絵を書いたり、時には一緒にお土産を買いに行くのを手伝ったりします。お金を取り扱うので、親御さんに連絡を取ってから買い物をしている事が多いですね。

 

出迎えの人が遅れている時も上記と同じような対応をします。

到着したら下記のような看板があるので、この付近にいない場合は周辺を探し、それでもいない場合は連絡をします。ターミナルを間違えたなど、よくある話です!

 

f:id:yotsuba0229:20191101180328j:plain

 

そして、お迎えの方と会った時の子供の笑顔は最高です!

可愛い子には旅をさせよ!ってこう言う時に使うんだなと感じます。

 

 

到着地が悪天候の場合は諸条件がありますが、空港のスタッフは大切なお子様をお預かりしていると意識をしてサポートをしています。

 

お子様ひとり旅をさせるか悩んでいる方、是非利用してみてはいかがですか?

また機内でひとり旅のお子様を見かけた際は、陰ながら応援しましょう!

 

今日もありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村