JOURNEY LOG

アメリカへ旅行!ESTAの申請を忘れずに!!

Luggage, Vacations, Travel, Summer, Sea

今日はESTAのお話をしようと思います。

 

ESTAってなに?

ESTAエスタ)とは、アメリカの電子渡航認証システムです。90日以内の商用・観光目的でビザなしの渡航をする際に必要なものです。

日本はビザ免除プログラム加盟国ですので、ビザを取得しなくてもOKな代わりに、このESTAの申請が必要です。赤ちゃんも含め全員必要ですよ!

もちろん、アメリカのVISAで入る場合や、グリーンカードアメリカの永住権)を持っている場合は申請不要です。

 

どうやって申請するの?

インターネットで申請します。支払いはクレジットカードのみです。

お値段は14ドル。そして渡航日の72時間前までに申請を推奨されています。

 

小話

私が国際線のチェックインをしていた際、ESTAの申請漏れと申請間違いがものすごく多かったです。お客様には「今申請しないとチェックインを行うことが出来ません」と伝えます。渡航出来ない!?とびっくりして、緊張しながら操作している人、ESTAの期限切れてた?と旅慣れている人はサクサクっと申請しちゃうなど、色々な人を見てきました。

その場でスマホからESTAのサイトに入り、パスポート情報などを入力すれば15分程度で渡航認証が取得できます。しかし運が悪い人は、ESTAサイトのメンテナンス時間帯と重なってしまい、申請が出来なくて渡航日程を変更した人もいました。 

 

⚠申請代行サービス!?⚠

インターネットで『ESTA 申請』と打つと、出るわ、出るわ、ESTA申請代行サービス業者。申請代行手数料も取られてしまいますので14ドルより高い金額を請求されます。

(調べてみると5000円前後の金額を請求されています!!!)

クレジットカードを持っていない人などは、代行サービスを利用しても良いかとは思いますが、私は正式なサイトでの申請を勧めます!少し手間はかかりますが、難しくありませんよ!

 

申請方法

↓正式なサイトです。

Home | Official ESTA Application Website, U.S. Customs and Border Protection

 

f:id:yotsuba0229:20190810221306j:plain f:id:yotsuba0229:20190810222444j:plainf:id:yotsuba0229:20190810223148j:plain

日本語ページがありますので安心してください。

新規申請をする人は、新規の申請

ESTAの有効期限を確認したい人は既存の申請内容を確認をクリック

 ↓

家族分まとめて決済をする場合はグループによる申請を選択

 ↓

パスポート情報を入力 (※必ず英語で!)

パスポート通り入力しましょう!。分からなければ?マークをクリックすれば入力方法が書いてあります。

 

特に親の名前欄など分からなければUNKNOWNでOK

職場の住所もUNKNOWNでOKです。

 

 特に住所は反対から書きます。

記入例

東京都千代田区神田錦町1-3-30

1-3-30  Kandanishikicho,Chiyoda-ku,Tokyo,Japan

※「ご自身の住所 英語表記」とネットで検索したら出てきます。 

 

勤務先や渡航情報は入力しなくてもOK

 

 その後適正質問があります。(テロ行為したことありますか?などの質問があります)

ここはすべて「いいえ」で答えて下さい!

 

質問が終わったらクレジット番号を入力して終了。

申請番号が付与されますので、印刷かメモ、スクリーンショットをしたらいいですね。※申請されたか確認するためにです。アメリカ入国時にも日本の空港でチェックインする際もESTAの申請番号は聞かれません。

 うっかり忘れがち!この場合も申請が必要

アメリカを経由してカナダに行く場合など、経由地として利用する場合も絶対にESTAの申請が必要です。

そしてESTA有効期限は2年です。その間にパスポートが変わったりすると再度新しいパスポートで申請が必要です。

 

ちなみに

グアム、サイパンは45日以内の滞在の場合、ESTAの申請はしなくても良いです。(機内で配られるI-94、I736を記入すれば良い)

 

f:id:yotsuba0229:20190725194753p:plain

 私もそろそろESTAの期限が切れるのでまた申請しないとな~と思っています。

 

今日もありがとうございました。

 

 

 

 参加しています↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村