JOURNEY LOG

【結婚の話】会費制が一般的!北海道のWedding事情

 

Wedding, Bride, Jewelry, Wedding Dress

北海道の結婚式スタイルは、ゲストから決まった会費を貰う「会費制」が一般的です。

私は、道産子なので会費制スタイルに慣れ親しんできました。

 

今回は会費制と招待制の違いについてまとめてみました。

 

「招待制」と「会費制」の結婚式の違い

 

招待制

招待制とは、参列したゲストが祝儀を包んで持参し参加するスタイルです。

ご両家がゲストを招待するという考えです。

一般的に友人には3万、兄弟などには5万を包むなんて言われていますね。

昔は、偶数は割り切れるので縁起が悪いとされており、その風習が今でも残っています。

 

会費制

会費制とは、主催する側が会費を設定し、その金額をゲストが支払うスタイルです。

ゲストが結婚式を挙げる2人を祝福するために集まったという考えです。

相場としては1万5千円が主流でしたが、ここ数年は1万7千円~2万くらいになってきています。

 受付の違い

 

招待制

招待制はご祝儀袋に新札を包み、受付で渡すのが一般的です。

 

会費制

①ご祝儀袋にいれずに、お財布からそのまま出して渡す。

招待状には、予め会費の値段の記載があります。その為、当日受付でその金額を渡します。お釣りも用意してありますので、丁度の金額を持っていなくても大丈夫。また新札でなくても全く問題ありません。

②会費の他にご祝儀は不要 

会費を払えばOKですので、ご祝儀を渡す必要はありません。しかし本当にお世話になったなど、別途ご祝儀を包みたい時は受付時に渡しても問題ありません。

 

私は招待制・会費制、どちらの結婚式でも受付をやった事がありますが、会費制の方がお釣りの計算もありますし大変でした~!未収、過収がないか最後にプランナーさんと確認するまでドキドキでした。笑

 

ゲストの負担が少ないのは?

友人の結婚式に参加した場合、招待制は3万、会費制は1万7千~2万のため、

会費制の方が金銭的な負担は少ない!です。

特に女性はヘアセットもありますし、2次会も行く場合はもっとお金がかかりますが、会費制の場合ですと全て込みで3万あれば足りますよ!

 

f:id:yotsuba0229:20191022124040j:plain

お車代

 招待制はお車代を払いますが、会費制ではゲストの負担も少ない為、お車代の負担は不要と言われています。しかしながら、飛行機でわざわざ遠方からいらっしゃった場合は心遣いで1万円前後の負担はしている人もいます。会費以上のお車代の負担はほぼしていません。

招待状を送る際に、お車代の負担は出来ない旨を記載していることもあります。その方がゲストの人もスケジュールが組みやすくて良いなと思いました。

 

引き出物

 

招待制

招待制の引き出物の数は、メイン品+お菓子が一般的かと思います。メインは5000円前後の記念品で、地域によっては3~5品にするなど差もあります。最近では、メインはカタログギフトにするなど、ゲストの持って帰る負担も配慮した引き出物にしていることも多いですね。昔は2人の顔写真入りの食器とかあったそうですね。正直いらないですね。

 

会費制

北海道では、引き出物とプチギフトを渡す事が多いです。

引き出物は焼き菓子など食べ物が一般的です。金額も2000-3000円前後のものを渡す事が多いです。プチギフトは、帰り際に2人から手渡しであげるものでこちらもお菓子がメインです。

 

クオリティ

会費制と聞くとカジュアルな印象ですが、会費制も招待制とクオリティは変わりません。むしろ、北海道の会費制で参加した式の料理の方が美味しいと思ってしまったことも。昔は大皿料理でしたが、今はコース料理ですし、デザートビュッフェもあったりします。

 

f:id:yotsuba0229:20190725194753p:plain

どうでしたか?北海道の結婚式は9割は会費制ですので、招待制の結婚式に慣れていない道民も多いです。私みたいに、親族は北海道在住、婚約者は道外出身の場合は結婚式への考え方も変わってくるのかなと思ってます。沖縄はご祝儀が1万円だったり、名古屋の結婚式は派手だったりと地域特性の違いもありますので、両家の価値観の共有とすり合わせが必要ですね。

 

私は北海道の会費制スタイルは、ゲストの負担も少ない割にご飯も美味しいので好きですね♪

 

今日も最後までありがとうございました。

 


 ↓興味のある方は読者登録お願いします♪